秋物インナーの選び方

秋コーデで意識が薄れがちなインナー。
トップスやアウター、ボトムスや足元に意識が向く傾向にありますが、インナーもしっかりと選んでいきましょう。
それはインナーもコーディネートの一部だからです。

インナーも含めてコーディネートをすることで1色プラスすることができます。
この1色だけでファッションの見栄えは大きく変わるのです。

そうは言ってもインナーを身につけることで暑くなってしまう場合もあります。
そこで気温に応じてインナーを上手に使い分けるようにしていきましょう。

温かい日にはタンクトップやノースリーブ、女性であれば薄地のキャミソールを、寒い日にはTシャツをチョイスするといいです。
見えないからと適当に決めるのではなく、見えてもいいように他のアイテムとのバランスに注意しましょう。

意識する点は首元の形とカラーです。
Tシャツの場合は特に首元の形は非常に重要です。
UネックかVネックが基本にはなりますが、この形でファッションの見え方は大きく変わります。
さらに、カラーも見えたときにバランスが取れているとおしゃれに映りますが、合わない色にしてしまうととても残念なコーディネートになってしまいます。

重ね着をする季節だからこそインナーにまで意識を傾けてコーディネートを楽しんでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です